皇室

眞子さまの就職先メトロポリタン美術館は年収1,458万!仕事内容や勤務日数は?

眞子さまのニューヨークでの就職先について話題になっています。

眞子さまは2021年10月26日に小室圭さんとの婚姻届提出・結婚会見をされ、アメリカに移住されます。
渡米後の就職先として名前が挙がっているのが、メトロポリタン美術館です。

この記事では、眞子さまが就職されるであろうメトロポリタン美術館での年収や勤務内容についてまとめてみました。

眞子さまのNY就職先はメトロポリタン美術館で場所はどこ?

眞子さまの就職先はメトロポリタン美術館?

眞子さまの渡米後の就職先が話題となっています。
現在、最も有力だと言われているのが「メトロポリタン美術館」です。

10月26日の婚姻届提出・結婚会見に向けて、ついに走りだされた眞子さま。しかし小室圭さんがアメリカに滞在した3年の間にも、水面下で着々と結婚生活の準備をすすめられていたという。

その準備でもっとも大事な案件の1つがお仕事探しだった。

「これまで専攻されてきたことや、9月まで勤務していた東京大学総合研究博物館特任研究員のキャリアを生かせる職場をお探しだったようです」(宮内庁関係者)

そのような状況のなか、この10月になって急浮上してきたのがNYにあるメトロポリタン美術館(以下MET)なのだという。METといえば収蔵品300万点を誇る、アメリカ最高峰、世界でも最大級の美術館だ。

眞子さま NY就職先にメトロポリタン美術館が急浮上!小室さんと共働きで世帯年収は3千500万円に(女性自身) – Yahoo!ニュース

これまで、眞子さまの就職先として「アメリカ自然史博物館」か「NY日本歴史博物館」ではないかという噂も流れていました。

しかし、今回はメトロポリタン美術館の関係者が「眞子さまのご就職が内定しているのでは」と話されているそうで、可能性としてはかなり高いのではないかと思われます。

アメリカメトロポリタン美術館の場所は?

メトロポリタン美術館は、アメリカのニューヨーク市マンハッタンにある世界最大級の美術館です。

住所:1000 5th Ave, New York, NY 10028 アメリカ合衆国

敷地面積も非常に大きく、一日では回りきれないくらい大規模な美術館です。

  • 1870年に会館。
  • 絵画・彫刻・写真・工芸品の他、家具・楽器・装飾品など計300万点以上の美術品を所蔵。
  • 1970年に大改修計画が始まり、美術館の総面積が倍増した。

皇室の美術品も展示される?

報道によると、眞子さまが就職されれば、日本企業からメトロポリタン美術館への寄付が増えることが予想され、皇室関連の美術品が展示される可能性もあるのだとか!

また“皇室関連の美術品”の存在もあります。皇居にある博物館・三の丸尚蔵館には、皇室に代々受け継がれた絵画・書・工芸品などの美術品類に加えて、香淳皇后など皇族方のご寄贈品が所蔵されています。宮内庁のHPによれば現在は9千800点にもなるそうです。

眞子さまが学芸員に就任されることで、そうした皇室ゆかりの貴重な美術品を“特別展示”できる可能性も高まるでしょう

眞子さま NY就職先にメトロポリタン美術館が急浮上!小室さんと共働きで世帯年収は3千500万円に(女性自身) – Yahoo!ニュース

皇室の美術品がこんなにたくさんあったなんて驚きです。
それらがアメリカで展示されるようになれば、日本の皇室の美術が世界に認知されるようになるかもしれません。

眞子さまがメトロポリタン美術館に就職されることで、日本とアメリカの交流が芸術を通してもより一層盛んになりそうですね!

眞子さまのメトロポリタン美術館での年収はいくら?

小室圭さんは法律事務所「ローウェンスタイン・サンドラー」に就職していますが、小室圭さんの収入だけを頼りにNYで生活をするのは厳しいと心配されていました。

しかし、眞子さまがメトロポリタン美術館に就職されれば、収入も安定すると言われています。

メトロポリタン美術館の学芸員の収入を調べてみました。
こちらがメトロポリタン美術館の年収の表です。

学芸員(Curator)の年収は$135,000(1,458万円)と書かれていますね。

  • 眞子さまのメトロポリタン美術館での年収は1,500万円!
  • 小室圭さんが弁護士試験に合格すれば、年収は2,000万円以上!

メトロポリタン美術館で働くには博士号が必要です。
眞子さまは博士号をお持ちなので、ここは問題ないようですね。

小室圭さんが2021年12月に行われる司法試験に合格されて弁護士になられたら、年収は2,000万円以上になるといわれています。
お二人の収入を合わせれば、物価が高いと言われるNYでの生活も心配なさそうです。

眞子さまの仕事内容や勤務日数は?

眞子さまのメトロポリタン美術館での仕事内容は?

眞子さまがメトロポリタン美術館の学芸員になられたら、どのようなお仕事をされるのでしょうか?

学芸員の仕事内容についてまとめてみました。

  • 作品や資料、展示物の収集や整理、保管、管理を行う。
  • 作品を文化施設の利用者に閲覧、説明する。

アメリカの学芸員は日本の学芸員よりも専門分野に特化した仕事をするのだそうです。

眞子さまは”博物館学博士号”という資格をお持ちなので、一般の学芸員よりもさらに待遇が良いのではないかと思われます。

眞子さまのメトロポリタン美術館での勤務日数は?

眞子さまは、日本では「東大博物館インターメディアテク」で特任研究員として勤務されていました。

ここではの勤務日数は、週に3日。
出勤時間は午前10時ごろとされています。

アメリカでの勤務日数などは公表されていませんが、きっと同じような勤務体系になるのではないでしょうか?

まとめ

眞子さまのアメリカでの就職先についてまとめました。

  • 眞子さまのアメリカでの就職先は「メトロポリタン美術館」の可能性が高い!
  • 眞子さまのメトロポリタン美術館での年収は約1,500万円!
  • 眞子さまのメトロポリタン美術館での勤務日数は3日くらい?

正式な発表がされ次第、お知らせしますね!

あなたにおすすめ